ピエモンテ紀行、ご報告①
②はこちらをご覧下さい!
③はこちらをご覧下さい!
 この度は長期休暇を戴き、3年振りのスタッフ研修へ行って来ました!
おかげさまでピエモンテ州の醍醐味を感じる大変有意義な研修でした。
少しずつですがご紹介していきます。

2015年9月24日 ピエモンテの州都、トリノに到着
 到着時刻の18時は暑かったのですが、夕飯の時刻になると急に冷え込みました。
宿のチェックイン後、トリノで行っておきたかった店へ。2年前、シェフが個人的に
行って良かった所。窓ガラスの品書きに、赤ワイン「グリニョリーノ」が1リットルで
12ユーロとあります。本場に来たな!と一同興奮。


2015年9月25日 トリノ半日観光
 翌日は早起きしてBar朝食へ。やはりイタリアに来たらブリオッシュにカプチーノです♪
前回の研修ではトリノはスルーだったので、今回はスタッフに見せたいと思い半日散策。
画像右のトリノのシンボル「Mole Antonelliana」にもしっかり上りましたよ〜。


  2015年9月25日 美食の街、アルバへ
 トリノからバスで1時間半程でアルバ到着。小さいですが、美しい街です。
昨年、葡萄畑の景観が世界遺産に登録されてからは、時期を問わず観光客が絶えません。
この日から3日間滞在するアパルタメントにも無事チェックイン。キッチン付きです♪


2015年9月26日 朝市で発見、ポルチーニ茸!
 土曜のこの日はアルバのピアッツァで朝市が行われていたので、散策に。
突然ありました、ポルチーニ茸!しかも大きい!そして安い!500g=18ユーロです。
シェフもついつい目利きがひかり、昼はあれこれ買込んだ食材を調理しようという事に…

 近くのスーパーで塩とオリーブオイル、ワインを買込んで一同部屋へ。
キッチン付きの部屋にしたのはこれがしたかったから、とシェフがテキパキと調理して
くれました。見えますか?フライパンの中のポルチーニ茸!部屋中に香りが漂ってます。

日本では味わえない時差無しのポルチーニ茸は、瑞々しいのにしっかりとした味があり、
「旨い!!!」と唸らずにはいられませんでした。

2015年9月27日 白トリュフ掘りました
 昨日のポルチーニ茸の興奮も冷めないうちに、本日も今旅ビックイベントが!
日本でお世話になっている業者さんを通じて、貴重なトリュフ狩りをさせて頂く事に。
Tartufaio(トリュフ採取する人)の方がとても丁寧に説明してくれる優しい方でした。
一緒にいるのはトリュフ探しのワンちゃん「ROKI」です。

トリュフ犬は非常に訓練されていて、見つけると本当に“ココ掘れワンワン”とばかりに
迷いなく、Tartufaioに知らせてくれるのです。 そして、ありました。
森の宝石「白トリュフ」!嘘みたいな立派な大きさで発見です。自然の神秘に一同感嘆!
と、同時に日本にやって来る頃の価格を弾かないではいられませんでした…

 この日のディナーは、シェフの師匠のレストランへ。久しぶりの再会に喜ぶ二人。
写真は今回掘ったものではありませんが、タヤリン+白トリュフです。目的、達成です。

翌日は、我々も未知の地「CAREMA」「GATTINARA」「BIELLA」を目指します…

Copyright (c) CUCINA URARA, all rights reserved.